RINRIN DIARY

たった10日で休職することになりました。こころの軌道修正中です。

宝塚歌劇月組「All for One」観劇しましたwithまぁまか

これまで実際に観た月組作品

 

・アルジェの男、Dance Romanesque

・我が愛は山の彼方に、Dance Romanesque

エドワード8世、Misty Station

ロミオとジュリエット

ベルサイユのばら

・ルパン、Fantastic Energy

風と共に去りぬ

宝塚をどり、明日への指針-センチュリー号の航海日誌-、TAKARAZUKA 花詩集100!!

・PUCK、CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-

・1789

・Wonder of Love

・舞音、GOLDEN JAZZ

・激情、Apasionado!!!

・NOBUNAGA、FOREVER LOVE

アーサー王伝説

・グランドホテル、カルーセル輪舞曲

・長崎しぐれ坂、カルーセル輪舞曲

・瑠璃色の刻

 

・・・個人的に19作品目となるのが

「All for One ~ダルタニアンと太陽王~」

 

 

今まででいちばん笑ったー!!

(まあ様もにっこにこしながら観劇してたー!!)

 

きゅんきゅんしたー!!

(真風さんもアラミスの色男シーンで両手口に当ててたー!!)

 

幸せの余韻で思考停止したー!!

(ランチに行くつもりだったのに胸いっぱいで何も食べられなかったー!!)

 

 

 

とりあえず心臓に負担になるんですけどー!

ダルタニアン珠様に心持ってかれたってこと??

腕っぷしも、太ももも、剣さばきも、眼差しも、

あんまり直接見てたらもう吐血しそう。

なんであなたはそんなに優しい声なの!!

言葉の一つ一つ、強くて優しいダルタニアンが、

ダルタニアンなのか珠城りょうさんなのかよくわからない混乱を招いてます。

 

ちゃぴのコミカルなお芝居、新鮮!

明るく楽しいストーリーの中ですが

歌を通して力強さや想いを深く届けて、舞台を締めていて流石。

太陽王の役を与えてくださった小池先生にも感謝。

いま、すごいものを観せられているのだ、と生き証人になるのでは。

 

みやちゃん、今回は「妖しげな力&小瓶」はナシで

新たな美弥るりかさんをアラミスから感じました。

神父としての姿も騎士としても、面白いと麗しいの共存。

 

 

ただのドタバタアクションにならずに、

大所帯のシーンでも

1つ1つの動きにキレがあったり

それぞれ個性を表現しながら

役として生きて魅せる月組

 

 

これからもっと役の味が出てさらに良くなりそう。

また来週、2回目の観劇予定です。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ